断片





海にいる
いや 空にいるのかな
森かもしれない
道かもしれない
他人の中なのか
丘の上かな

自分の頭のまわりを飛びまわっている もやもやした何か
つかみとるため ぼくはどこを旅する?

どこでもいい

安心したいから

旅して 心をふやして いっぱいにして
時には影とたたかってさ
つよくなって

そしたらそのうち つかまえて 放してやるんだ









季刊詩誌「舟」160号 (2015年8月)