出発





あれ
すべてがまぼろしだったみたいに
おろかなぼくは
いまここに
ぽつん と
なにももたずに
立ちつくし…
また 一歩ずつ
歩きださなければならないのか

こころは がらんとしている
からだは すこしだけかるい
あたまは からっぽにしていこう
気のおもむくままにいこう
(そうだ 考えなくていい)
なにもかも
この不思議に 委ねて 信じて
ごちゃごちゃ混ざりこんでくる前に
ぼくは 進んでいこう









「自由」1(2017年5月)