霧中の自己





そこ…に
 はっきりと見えない
 霧がじゃまして
 だが
いる ぼくが

ぼくはどうにかその姿を
とらえつづけている が
目をはなせば
かんたんに見失う(なぜか、そうだとわかる)
霧はうすくはない
が こくもない

この霧は
きえやしない









「自由」1(2017年5月)
「それだけ」(2018年7月)