不変





ある夜わたしが
消え去っても

日が昇る
ことは決まっている
道路は今日もあるだろう
車は流れてゆく
すずめたちは生きるために飛び交い
雲は発生と消滅を繰り返すし
川は今日もあるだろう
太陽は刻々と傾いてゆく
外灯がともりはじめる
……

そして私は
一秒たりとも
存在しなくなる









「自由」3(2018年5月)