本質





歩き続けている
そういえば景色は 変わっていない?
変化があるとすれば
それは時の経過によるものくらいか
季節は移ろっている
進んではいるよな 確かに
靴底は減っているし

歩き続けている
いっつも遠くに見えてるアレ
との距離は
ひょっとして
縮んでいない?

――その時
  ぐるぐると
  ある円環上を
歩き回っている
  に過ぎないのかと
  よぎり
  寒々しく 笑いたくなった









「自由」3(2018年5月)