無題





ここでぼくは
窓の外を眺めてる

ここにいるのに
窓の外を眺めてる
道ゆく人を見ている
風を見ている
ふる雪を見ている

ここにいるのに
ぼくはそこにいる

そこにいるのに
ぼくはそこにいない

気付くとぼくは
どこにもいない









「それだけ」(2018年7月)