ぬけがら





ぼとりと
ぼくが
おちました
すると
そこにたおれてる
そいつは
ぶつぶつ言葉を発していたり
色づいていたり
ポーズをとっていたりしました
そしてそのまま固定されている。

「もうこいつ、別だ…」
構わずぼくは
歩いてゆきます
やがて
ぼとりとおちるぼくが









「自由」4 (2018年12月)
「必然」(2019年10月)