示唆





私が忘れても
立ててきた道標

あってくれる
もうほとんど他者のように
ぬぎすてた過去
ではないのか それは
他者


をまた生かしてくれる
いつも









「必然」(2019年10月)