空虚





ある男は誇らしげに言った。
「おれは、おれの生を、おれのやり方で生きる」
と。そして、きちんと朝飯を食べ、
今日もまたスーツを着て出勤していったのだ。
ある時は
「おれは、自由に生きている」
と。そして、日曜の休日を過ごすのだった。

ある方はすました顔で言っている。
「誰々は、大したことない」
と。ぺらぺら本をめくって。
空気はよどんでいる。

ある奴は熱っぽく
「みんな、何も考えていない!」
と、ひとり憤っていた。



彼らは
死んでいるのだろう。

―――――――――――――――――――――――

と、いま
紙に書きつけている男がいる。

男はいま
しんでいるのだろう。









「必然」(2019年10月)